【RIZIN】怠慢ではなかったが…ギャビ・ガルシア 体重オーバーで神取忍との試合中止に

[ 2017年12月29日 15:49 ]

RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017   バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント2ndラウンド ( 2017年12月29日    さいたまスーパーアリーナ )

 28日の公開計量で、契約体重の95キロを12・7キロもオーバーしていたギャビ・ガルシア(ブラジル)は、神取忍(LLPW―X)との試合が中止となった。榊原信行実行委員長が大会開始前に発表した。

 榊原委員長によると、ガルシアはこれまで通りに食事制限、トレーニングを重ねてきたが、体重がいっこうに落ちずに血圧も高くなったという。関係者への聞き取り調査により、怠慢による体重オーバーではないことが確認されたため、試合中止に伴うペナルティーなどは課さない方向だ。

 「総合格闘技は最後の試合という覚悟で調整してきた」という神取は体重オーバーに関係なく闘いたいと直訴したという。榊原委員長は「31日にスイッチするという案もあったが、そこで107キロから100キロくらいに落ちたとしても、ベストパフォーマンスを提供できない」と説明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2017年12月29日のニュース