清水が初防衛戦、村田諒太の世界王座獲得刺激に

[ 2017年11月17日 05:30 ]

会見を終えポーズする(左から)井上拓真、井上尚弥、拳四朗、清水聡
Photo By スポニチ

 井上尚の防衛戦の前座では東洋太平洋フェザー級王者・清水聡(大橋)が同級14位マンシト(フィリピン)と初防衛戦、井上尚の弟・拓真(大橋)が元日本バンタム級王者・益田健太郎(新日本木村)とノンタイトル戦を行う。

 清水は同じロンドン五輪のメダリスト村田諒太(帝拳)の世界王座獲得に刺激を受け、「早く世界戦で競演できたら」と話した。なお、元3階級制覇王者・八重樫東(大橋)は「家庭の事情で」(大橋会長)出場を見送った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2017年11月17日のニュース