拳四朗、年末V2戦で名前売る!「テレビ生中継はデカい」

[ 2017年11月17日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者・拳四朗≪12回戦≫同級8位ヒルベルト・ペドロサ ( 2017年12月30日    横浜文化体育館 )

会見を終えポーズする(左から)井上拓真、井上尚弥、拳四朗、清水聡
Photo By スポニチ

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(25=BMB)がセミファイナルでV2戦を行うことも発表された。

 来春に1位ロペス(メキシコ)との指名試合が予定されていたが「10日前に聞かされた」と10月22日の初防衛戦から中2カ月での試合が急きょ決定。「祝勝会の予定をキャンセルしないと」と苦笑した拳四朗は「テレビ生中継があるのはデカい。KOで勝って名前を売りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2017年11月17日のニュース