多田、36歳同士の元世界女王対決制す!判定で柴田返り討ち

[ 2017年11月11日 05:30 ]

WBO女子アジア・パシフィック・ミニフライ級王座決定8回戦   ○前IBF世界同級王者・多田悦子 判定 前IBF世界ライトフライ級王者・柴田直子●  ( 2017年11月10日    後楽園ホール )

元世界女王対決を制した多田悦子
Photo By スポニチ

 36歳同士の元世界女王対決は、前IBFミニフライ級王者の多田が前IBF女子世界ライトフライ級王者の柴田に3―0判定勝ち。相手の打ち終わりを狙って左を再三ヒットさせ、WBAミニフライ級王者時代の12年以来5年ぶりの再戦で返り討ちにした。

 41歳のWBO王者・江畑佳代子(ワタナベ)への挑戦が有力で、視察した江畑に「大先輩だけど、決まれば恥じないように戦う」とリング上から呼びかけた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2017年11月11日のニュース