井上、3冠王者に!「チャンスがあれば世界にも挑戦したい」

[ 2017年11月11日 05:30 ]

東洋太平洋スーパーウエルター級タイトルマッチ&WBOアジア・パシフィック同級王座決定12回戦   ○東洋太平洋同級1位・井上岳志 TKO8回2分51秒 東洋太平洋王者ラーチャシー・シットサイトーン● ( 2017年11月10日    後楽園ホール )

スーパーウエルター級の「3冠王者」となった井上岳志(中)
Photo By スポニチ

 日本王者の井上が東洋太平洋とWBOアジア・パシフィック王座を獲得し、スーパーウエルター級の“3冠王者”となった。

 右フックと左右のボディーで対日本人2連勝中だったラーチャシーを削り、8回にボディーアッパーで2度倒してTKO勝ち。「3つベルトを手にすることができてうれしい」。次戦は来年4月に日本王座のV2戦を予定しているが「チャンスがあれば世界にも挑戦したい」とアピールした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2017年11月11日のニュース