拳四朗、初防衛戦の疲れ見せず浅草食べ歩き

[ 2017年10月24日 05:30 ]

試合の疲れも見せずに食べ歩きに出かけた拳四朗
Photo By スポニチ

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(25=BMB)は初防衛戦の疲れも見せずに浅草へ食べ歩きに出かけた。

 友人とどら焼きやイチゴ大福などを楽しみ、一夜明け会見でも「ステーキが食べたい」と食いしん坊ぶりを発揮。「テレビに出たい。呼んでください」とアピールした。

 父の寺地永(ひさし)会長は前王者ロペス(メキシコ)と予定するV2戦について、村田戦との同時開催を希望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2017年10月24日のニュース