穂積“先生”教壇デビュー「いい授業つくりたい」意気込み語る

[ 2017年10月23日 05:30 ]

現役時代に体のケアをしてもらっていた山本教授(右)と初授業を行った長谷川氏
Photo By スポニチ

 ボクシングの元3階級王者・長谷川穂積氏(36)が“教壇デビュー”した。

 10月から東京医療学院大の特任講師に就任。22日に系列の東京医療福祉専門学校(東京都中央区)で行われたプロゴルファーの深堀圭一郎らのトレーナー・山本忠雄客員教授の「スポーツトレーナー講習会山本ゼミ」にゲスト講師として参加。「成功するまで続けることが経験にもつながる」と約30人の受講生の前で説いた。初授業後には「いい授業をつくっていきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年10月23日のニュース