セルバニアは判定負け 北陸ジムから初の世界王者誕生ならず

[ 2017年9月24日 05:30 ]

WBO世界フェザー級タイトルマッチ12回戦   ○王者オスカル・バルデス 判定 同級4位ゼネシス・カシミ・セルバニア● ( 2017年9月22日    米アリゾナ州ツーソン )

 世界初挑戦のカシミジム(金沢市)所属のフィリピン人選手、セルバニアは0―3で判定負け。北陸のジムから初の世界王者誕生とはならなかった。

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)のスパーリングパートナーとして知られるセルバニアは王者バルデスから4回に右フックでダウンを奪ったが、5回に左のカウンターを受けて逆にダウン。後半は相手のアウトボクシングにポイントを奪われ続け、採点は110―116、111―119、109―117だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年9月24日のニュース