マクレガー グローブ変更を大歓迎「8オンスでメイウェザーをKOする」

[ 2017年8月17日 11:00 ]

サンドバックを叩くコナー・マクレガー (AP)
Photo By AP

 米国のネバダ州アスレチックコミッション(NSAC)は16日、フロイド・メイウェザーとコナー・マクレガーのスーパーウエルター級12回戦(26日=日本時間27日)において、両者が8オンスの(約226グラム)グローブを着用して試合を行うことを許可した。

 NSACの規則では、スーパーウエルター級から上の階級では10オンス(約283グラム)、同級より下の階級では8オンスのグローブを試合で着用することが義務付けられているが、メイウェザーとマクレガーがともに8オンスグローブでの試合を望んでいたこともあり、今回の対戦に限り、例外が認められた。

 8オンスとより小さいグローブでは、10オンスのそれに比べてパンチの衝撃が強くなるが、マクレガーはこのNSACの決定を大歓迎。16日のESPNの記事には次のようなコメントが掲載されている。「8オンスのグローブで戦えば、メイウェザーは初回に何度もダウンすることになるぜ。奴を初回でKOしてやるよ。2回まで生き延びても、そのラウンドで終わりだな」。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年8月17日のニュース