京口兄が引退届 7月に飲酒運転事故で罰金 会見は本人欠席

[ 2017年8月5日 05:30 ]

飲酒運転による人身事故を起こしたボクシングの京口竜人の引退届を提出するグリーンツダジムの本石昌也会長(左)
Photo By 共同

 ボクシングのグリーンツダジムの本石昌也会長は4日、大阪市の日本ボクシングコミッション(JBC)関西事務局で記者会見し、7月に大阪市内で飲酒運転による人身事故を起こし罰金70万円の略式命令を受けた京口竜人(26)の契約を同日付で解除すると発表した。

 会見には京口も出席する予定だったが「引退を謝罪としたい」と欠席。本石会長が関西事務局に引退届を提出した。京口はIBFミニマム級王者となった京口紘人(23=ワタナベ)の兄。岡根英信関西事務局長によるとJBCとしての処分は倫理委員会で後日決める。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2017年8月5日のニュース