恒成、初大阪リングで防衛戦 田口との統一戦へ「弾みつける」

[ 2017年7月21日 05:30 ]

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者・田中恒成《12回戦》同級14位パランポン・CPフレッシュマート ( 2017年9月13日    エディオンアリーナ大阪 )

9月に2度目の防衛戦を行う田中恒成。後ろの写真は対戦相手のパランポン・CPフレッシュマート
Photo By 共同

 田中恒成(22=畑中)が名古屋市内の所属ジムで会見し、9月13日にエディオンアリーナ大阪で同級14位のパランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)と2度目の防衛戦を行うと発表した。IBF世界スーパーバンタム級王者の小国が岩佐を迎え撃つダブル世界戦。名古屋を中心に戦ってきた男が5度目の世界戦で初めて大阪のリングに立つ。

 テレビ放送も初めて全国中継され、TBS関係者によると「ゴールデンの時間帯」。日本中に名前を売るチャンス。その先には23日に防衛戦を控えるWBA世界同級王者、田口良一との統一戦を見据え「大きく弾みをつけたい」と誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2017年7月21日のニュース