王者アルグメド、京口戦へ向け“観光封印”「KOしに来た」

[ 2017年7月21日 05:30 ]

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ   王者ホセ・アルグメド《12回戦》同級9位・京口紘人 ( 2017年7月23日    大田区総合体育館 )

自慢の筋肉を披露する京口の対戦相手アルグメド
Photo By スポニチ

 京口紘人(23=ワタナベ)の挑戦を受けるホセ・アルグメド(28=メキシコ)が都内で練習を公開し「KOしに来た。観光に来たんじゃねえ!」と強気に宣言した。元々減量は少なく、「あと500グラム落とせばいい」という体は仕上がり上々だ。少数民族のウィチョール族の血を引く王者は「(パチューカに移籍した)ホンダ?知らない。サッカーは見ないので、全く分からない」と4度目の防衛戦に集中していた。

 また、田口に挑戦するバレラ(コロンビア)は「タグチは研究済み。KOで勝つ」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2017年7月21日のニュース