京口 辰吉に並ぶ8戦目戴冠誓う「丈ちゃんみたいにKOで」

[ 2017年7月20日 05:30 ]

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ   王者ホセ・アルグメド≪12回戦≫同級9位・京口紘人 ( 2017年7月23日    大田区総合体育館 )

辰吉から贈られたウインドブレーカーを着て練習する京口
Photo By スポニチ

 世界初挑戦の京口紘人(23=ワタナベ)が都内で練習を公開し、中1、2年時に指導を受けた元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎と同じプロ8戦目での戴冠を誓った。辰吉に当時もらったという、背中に「Joe」と描かれた黒い練習着で登場し、「一緒に戦えれば」と説明。中学生だった京口に「王者に“なりたい”じゃなられへん」と説いた辰吉からは試合決定後に「死ぬ気で練習を頑張れ」と激励されたそうで、「丈ちゃんの教えた選手で世界戦を戦う第1号と思う。丈ちゃんみたいに必ずKOで勝って世界王者になりたい」と宣言した。

 愛称は「ダイナマイト・ボーイ」に決まった。試合当日にテレビでゲスト解説を務めるジムの先輩、内山高志の「KOダイナマイト」にちなんだもので、「内山さんもKOで世界奪取している。僕もしないとダメかなと。使命じゃないけど、そう感じる」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2017年7月20日のニュース