PR:

村田「手応えはあった」も今後については「気持ちの整理が必要」

試合を振り返る村田
Photo By スポニチ

 プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。

 試合後、村田は今後について「気持ちの整理が必要です」と語った。試合については「ダウンを取ったし、手応えはあった。(採点は相手の)ジャブを取ったということ。効いたパンチは一回もなかった」としながらも、「多くの方に助けてもらってきたし、僕一人の話ではない。五輪が終わってから自分なりに努力をしてきたつもり。この試合で集大成を見せられなかった」肩を落とした。

 今後についても「そんなに簡単な日々を歩んで来たわけではない。そう簡単に“もう1回やりたい”とはまだ言えない」と言葉を選んでいた。

[ 2017年5月20日 22:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:05月22日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム