PR:

村田判定負けに不満の声続出「絶対勝ちだと…」一方「手数が」の声も

エンダムに判定で敗れた村田
Photo By スポニチ

 プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。

 判定が下った直後から、インターネット上では不満の声が続出。「絶対に村田の判定勝ちだと思ってたのに」「誰がどう見たって村田諒太の勝ちでしょ!?」「ダウンも奪っているのに、こんなモヤモヤした判定って…」と釈然としない様子の声が多く見られた。

 その一方で「有効打は村田の方が多かったけど、手数は圧倒的にエンダムの方が多かったからかな」と判定に理解を示す声も。「判定になれば手数がものをいう。村田はあまりにも手数が出なかった」と冷静に試合を分析した上での意見も見られた。

 また、惜しくも世界戴冠を逃した村田に対して「むちゃくちゃいい試合だった!」「絶対また挑戦して欲しい!」と12ラウンドの死闘を称える声も多く上がっている。

[ 2017年5月20日 21:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:07月23日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム