タパレス 王座剥奪もTKO勝ち 余力あり?「大森はパワーや動きが成長した」

[ 2017年4月23日 21:06 ]

WBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦   マーロン・タパレス―大森将平 ( 2017年4月23日    エディオンアリーナ大阪 )

11R、大森将平はタパレス(右)の猛攻にレフリーストップのTKO負け
Photo By スポニチ

 前日計量で制限体重を超過したタパレスが11回TKO勝ち。自らの愚行で王座は剥奪されたが「モチベーションを保ってやった。今後は一つ上の階級を目指したい」と汗を拭った。

 失意の計量後は「食べて、ゆっくり寝て回復した」といい、試合前の体重は約61キロ。カウンターが効果的で「大森はパワーや動きが成長した」と余力を感じさせる口ぶりだった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年4月23日のニュース