亀田和毅「楽しかった」3年3カ月ぶりの国内復帰戦で勝利

[ 2017年3月10日 23:50 ]

判定で勝利をおさめ(左から)長男・亀田興毅、次男・亀田大毅)とポーズをとる亀田和毅
Photo By スポニチ

 ボクシング亀田3兄弟の三男で元WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(25=協栄)が10日、東京・後楽園ホールで3年3カ月ぶりの国内復帰戦となる55・8キロ契約ノンタイトル10回戦を行い、IBF世界スーパーバンタム級6位のマイク・タワッチャイ(31=タイ)に3―0で判定勝ちした。

 WBA世界スーパーバンタム級4位の和毅は今回、入場曲を長男で元3階級制覇王者の興毅氏が現役時代に使用していた「バーニングハート」に変更。チーフトレーナーの興毅氏、次男の元2階級制覇王者・大毅氏と縦一列に並ぶ「亀田トレイン」で入場した。試合はスピードの差を見せつけた和毅が一方的にペースを握り、手を出さないタワッチャイに対しノーガードで挑発する場面もみられた。それでも6回、打ち下ろしの右ストレートを叩き込むとタワッチャイは崩れ落ち、エプロンまで転がるダウン。その後もロープへ詰めての連打やボディー、フックなどで攻め立てたが、逃げ回る相手を仕留めきれなかった。採点は99―90、100―90、100―88とジャッジ2人がフルマークをつける圧勝だった。

 和毅は「上で倒せたのはよかった。右で倒せたのはあまりなかったので。タフなファイターがずっと逃げていた。自信をもっていけるかな」と納得の表情を見せた。後楽園ホールは初見参だったが「あれだけ(観客が)詰まった状態でやったのは35戦目で初めて。やっていて楽しかった」と満足そうで、「良いところも悪いところも出た。今後の相手はもっとレベルが上がってくる。そのための引き出しも用意して、練習していきたい」と話した。

 セコンドを務めた興毅チーフトレーナーは「肉体的に進化してることが完全に証明された。課題やった右でダウンも取れた。いい収穫がありましたね」と合格点。「10ラウンドやっても体もぶれていない。ハードな練習の成果だと思う」とスタミナにも太鼓判を押した。また、タワッチャイと対戦経験がある大毅氏も「これが世界戦やったら倒していたでしょう」と笑顔。協栄ジムの金平桂一郎会長は「これで世界と言って、オヤッという人はいないと思う。直接行くかもしれない」と次戦で世界を狙わせる可能性も示唆し、和毅も「もう1回、世界王者に返り咲きたい」と2階級制覇を改めて目標に掲げた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2017年3月10日のニュース