井岡 砂浜ランニング&寒中水泳で心身鍛錬 5度目の防衛に向け

[ 2017年3月10日 05:30 ]

WBA世界フライ級タイトルマッチ   王者・井岡一翔VSノクノイ・シットプラサート ( 2017年4月23日    エディオンアリーナ大阪 )

寒さの残る白浜の海で、苦悶の表情で遠泳する井岡一翔
Photo By スポニチ

 5度目の防衛戦を迎えるWBA世界フライ級王者の井岡一翔が9日、和歌山県白浜町で強化合宿をスタートさせた。

 約10キロの砂浜ランニングの後に寒中水泳を敢行。約500メートルを泳ぎ切った王者は「気を抜いたら死ぬんじゃないかと思った。腕がちぎれそう。途中から全然進まなかった。あと少しでも、たどり着かない。肉体より精神が鍛えられた」と話した。

 V5戦後にはWBO同級王者の鄒市明(ゾウ・シミン)との統一戦を目指すプランもある。井岡一法会長は「統一戦へ向けての志」と荒行を行った狙いを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2017年3月10日のニュース