柴田6度目の防衛ならず ガルシアに判定0―3完敗

[ 2017年3月6日 05:30 ]

 ボクシングのIBF女子世界ライトフライ級タイトルマッチ10回戦が4日、メキシコ・グアダラハラで行われ、王者・柴田直子(35=ワールドスポーツ)はアロンドラ・ガルシア(21=メキシコ)に0―3で判定負けして6度目の防衛に失敗した。

 柴田は13年11月の王座決定戦で判定勝ちした相手と終始打撃戦を展開。前進して手数を出すガルシアに対し精度で勝ったが、採点は2〜6点差でいずれも挑戦者を支持した。柴田の戦績は16勝(5KO)4敗1分け。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年3月6日のニュース