大平は5回TKO負け WBA世界ミニマム級 鬼門タイでまたしても…

[ 2017年3月1日 19:14 ]

5回、ノックアウト・CPフレッシュマートにダウンを奪われ、TKO負けした大平剛
Photo By 共同

 世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級タイトルマッチは1日、タイ中部のチョンブリで行われ、3度目の世界挑戦となった同級15位の大平剛(花形)は王者のノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)に5回TKO負けし、王座獲得に失敗した。

 大平は序盤から劣勢で、5回に左右の強打を浴びて倒れた。日本ボクシングコミッション(JBC)公認のタイでの世界戦で日本男子は通算22敗1分けとなった。32歳の大平は22戦13勝(1KO)6敗3分け、26歳のノックアウトは15戦全勝(7KO)。(共同)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2017年3月1日のニュース