PR:

WBA会長がアジア王座設立構想、JBC理事長「相談して早く決めたい」

WBAのメンドサ会長(中)は笑顔でJBCの秋山理事長(右)、JPBAの渡辺均会長と握手
Photo By スポニチ

 WBA(世界ボクシング協会)のヒルベルト・メンドサJr会長が22日、都内で会見し、傘下の地域タイトルとなるWBAアジア王座(仮称)の設立構想を発表。日本ボクシングコミッション(JBC)に認定を要請した。

 同会長は「日本が参加すれば試合の質が高くなる」と説明したが、JBCの秋山弘志理事長は可否について「(日本プロボクシング)協会と相談して早く決めたい」と答えた。また、同会長はスーパー王者や暫定王者について「ベルトの価値が低くなっている」と削減に取り組んでいることを強調。「1階級に王者1人を18年までに実現したい。まずは暫定王座から解決していきたい」と話した。

[ 2017年2月22日 19:39 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月15日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      RIZIN

      立ち技系格闘技

      総合格闘技

      UFC

      コラム