WBCヘビー級暫定戦、試合直前に中止 ポベトキンに禁止薬物の陽性反応

[ 2016年12月18日 09:57 ]

 17日(日本時間18日)にロシアで予定されていたプロボクシングのWBC世界ヘビー級暫定王者決定戦は試合開始の20時間前に中止が発表された。アレクサンデル・ポベトキン(37=ロシア)が地元でバーメイン・スタイバーン(38=カナダ)と相対することになっていたが、ポベトキンに禁止薬物の陽性反応が検出されたためだという。

 ポベトキンはWBC王者ワイルダーへの挑戦を予定していた5月にも今回と同様に禁止薬物の使用が発覚。陽性反応が検出されたのは今年2度目となる。試合中止の知らせにスタイバーンは「何カ月もトレーニングを積んできたのに最悪だよ」と落胆の色を隠せなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年12月18日のニュース