大沢、ベガスで初世界戦 ライセンス停止&タイトル剥奪乗り越えた

[ 2016年10月5日 05:30 ]

世界挑戦を発表する(左から)中島トレーナー、大沢、田中会長
Photo By スポニチ

 WBO世界フェザー級2位の大沢宏晋(31=ロマンサ雅)が11月5日(日本時間6日)に米ネバダ州ラスベガスで同級王者・オスカル・バルデス(25=メキシコ)に挑戦することが4日、発表された。当日は6階級制覇したマニー・パッキャオ(フィリピン)の復帰戦も行われる予定で、その前座となる見通し。1年のライセンス停止処分など苦しい道のりを乗り越えた大沢が、初の世界挑戦でベルトを狙う。

 初の世界挑戦。しかも舞台はボクシングの本場ラスベガス。大沢は「いつかはラスベガスで試合をしたいと思っていたしみんなに言ってきた。大爆笑されたが有言実行できてよかった」と心の底から喜んだ。

 野球少年だったが、18歳で心機一転ボクシングを始めた。「みんなに大反対されたが、絶対に世界王者になってやろうと思った」。05年にライト級西日本新人王を獲得。11年には東洋太平洋フェザー級王座を獲得した。

 しかし12年12月に韓国で日本ボクシングコミッション(JBC)が公認していない団体のタイトル戦に挑んだことからペナルティーとしてライセンスを1年間停止され東洋太平洋タイトルも剥奪された。処分が明けると同時にボクシングを再開。ようやく今回の世界挑戦となった。「ギャンブルの街ラスベガスで一発逆転します」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2016年10月5日のニュース