×

田口 判定で4度目防衛、宮崎下す ワタナベジム唯一の王座守る

[ 2016年8月31日 21:23 ]

<WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 田口良一・宮崎亮>3―0判定勝利の田口

 日本人対決となったボクシングのWBA世界ライトフライ級タイトルマッチは王者・田口良一(29=ワタナベ)が挑戦者の同級1位・宮崎亮(28=井岡)を3―0の判定で破り、4度目の王座防衛に成功した。WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(35)が敗れて王座から陥落する中、ワタナベジム唯一の王座を守った。元WBA世界ミニマム級王者の宮崎は2階級制覇に失敗した。

 ▼宮崎亮 自分が弱かった。ただそれだけ。田口選手には自分に勝ったことにありがとう、おめでとうと言いたい。力を出せなかったのは自分が弱かっただけ。相手よりも自分の力を出し切れなかった。今後は何も考えていないが反省していろいろ考えます。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年8月31日のニュース