×

尚弥対戦相手、強力臨時トレーナー就任で成長を強調

[ 2016年8月31日 05:30 ]

WBOスーパーフライ級タイトルマッチに向け調整するペッチバンボーン・ゴーキャットジム

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦 同級1位ペッチバンボーン・ゴーキャットジム―王者・井上尚弥

(9月4日 神奈川・スカイアリーナ座間)
 世界初挑戦のペッチバンボーン(31=タイ)が横浜市内で練習を公開した。

 今回は97年に勇利アルバチャコフ(当時協栄)からWBCフライ級王座を奪ったチャッチャイ・サーサクン氏が臨時トレーナーに就任。「すぐに直せるのが長所。パンチをシンプルに出せるよう少し変えた」(同氏)という。井上尚がライトフライ級王者時代に退けたサマートレック戦でセコンドを務めているペッチバンボーンは「当時はかなわないと思った。今、通用するかは五分五分」と成長を強調した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年8月31日のニュース