東日本ボクシング協会 日本ユース王座設立へ“第一歩”

[ 2016年8月2日 05:30 ]

 東日本ボクシング協会(渡辺均会長)は都内で理事会を開き、23歳以下の選手による日本ユース王座設立を検討することを決めた。

 WBCユース王座は日本ボクシングコミッション(JBC)に認可されており「時代の流れに沿ってやりたい」としている。JBCが選手の治療費として徴収していた健康管理見舞金(健保金)の積み立てが減少したとされる問題などについて、日本プロボクシング協会とJBCが3日に連絡会を開くことが決まった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年8月2日のニュース