井岡一翔 谷村奈南と婚前旅行 プロポーズは「ストレートパンチ」

[ 2016年7月24日 05:30 ]

笑顔で婚前旅行に出かける井岡一翔(左)と谷村奈南

 プロボクシングWBA世界フライ級王者の井岡一翔(27)が23日午後、婚約中の歌手谷村奈南(28)とともに羽田空港発の航空機で米ロサンゼルスに旅立った。

 空港ロビーで報道陣にツーショットを初公開し、堂々と取材に応じた。結婚の時期について「まだ決まっていない」と声をそろえたが、井岡は「僕は早くしたい。2人で話し合って決めていきたい」と言い切った。取材中もずっと手を握りっ放しで、片時も離れたくないという様子だった。

 井岡が3月8日にプロポーズし、特注の3カラットダイヤモンドの婚約指輪を贈ったことも明かした。同日は交際1年の記念日。谷村は「記念日を祝うだけだと思っていたので、突然のことにビックリした」とうれしそうに振り返った。指輪は1000万円ほどするとみられる。プロポーズの言葉は公表しなかったが、「ストレートパンチのようだった」と恥ずかしがった。

 まだ同居はしておらず、互いの自宅を行き来している。井岡は手料理で食事面のサポートをしてもらっているといい、「料理は完璧。彼女のおかげで食の知識と質が上がった」と笑顔。交際がボクシングに好影響を与えているようだ。一番好きな料理は「ハンバーグ」と話した。

 今月20日のタイトル防衛戦後、リングの上から「最愛のフィアンセに最大の感謝を贈りたい」とメッセージ。テレビ観戦していたという谷村は「本当にうれしかった」と幸せそうに回想した。

 谷村は結婚後も歌手活動を続ける意向で、「彼女は音楽で頑張り、僕はボクシングで頑張る。人生を共有したい」と井岡。谷村の楽曲を携帯電話に保存して頻繁に聴いているといい、歌手としても大ファンのようだ。ロサンゼルスには約2週間滞在する予定。「ゆっくり過ごしたい」という谷村に、「一緒に運動もしたいね」と井岡。ラブラブで機上の人となった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年7月24日のニュース