モデルボクサー高野“ラストマッチ”中止も 金平会長「やらなくていい」

[ 2016年5月19日 09:10 ]

6月6日の試合で引退すると電撃表明した高野人母美

 「モデルボクサー」として知られる東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者の高野人母美(28=協栄)が18日、6月6日の次戦(後楽園ホール)で引退すると電撃発表したことを受け、協栄ジムの金平桂一郎会長が同日夜にツイッターを更新。「高野人母美、引退を示唆 6月6日もやらなくていいです!」「高野人母美、6月6日、中止を決定しました」とつぶやき、6月の試合を中止する考えを明かした。

 高野は昨年11月、WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチでKO負け。6月に7カ月ぶりの再起戦で韓国人選手とノンタイトル6回戦を戦う予定だったが、その発表の場で「今回でラストにしようと思っている」と突然の表明。その理由を「自分がやりたくてボクシングをやってきたのに、指図されてやるのは違うと思うようになった」などと語り、海外出張中で不在の金平会長にも相談せずに独断で発表したことを明かしていた。

 これを受けて同会長はツイッターで試合中止を明言し、フォロワーから「引退試合させてあげないんですか?」と問われると「何の相談も無かった訳ですから、気遣いをする事発言、考えておりません」(原文ママ)ときっぱり。「彼女は、まだまだ修行半ばの選手です。 誰かに、指図されて嫌だけどリングに上がるというのなら、6月6日もやめておくべきだと判断しました」と続け、帰国後に話し合いの場を持つ考えを明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2016年5月19日のニュース