モデルボクサー高野人母美が電撃引退宣言「指図されるの嫌」

[ 2016年5月18日 13:29 ]

6月6日の試合で引退すると電撃表明した高野人母美

 東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者でモデルボクサーの高野人母美(28=協栄)が18日に東京都新宿区の協栄ジムで会見し、6月6日の次戦(東京・後楽園ホール)で現役を引退すると電撃表明した。

 元韓国女子バンタム級王者・李恵林と56キロ契約でノンタイトル6回戦を戦うが、「今回の試合でラストにしようと思っている。勝っても負けても楽しんで試合がしたい」と話した。

 引退の理由については「ボクシングが好きで、自分がやりたいからやってきた。ただ、指図されてやるのは、やりたくてやるのとは違うと思うようになった。だんだんとやりたくないという気持ちになってきた。自分の人生なので自分のために時間を使うのはいいけど、他人に左右されるのは嫌です」と説明した。「誰に指図されるのが嫌なのか?」という問いには「今は言えません」ときっぱり。モデル業など芸能関係の仕事は続けていくが、今後については「海外が好きなので…アイデアはあります」と含みを持たせた。

 高野はモデルとボクサーの両立を目指して13年4月にプロデビュー。山上ジムから協栄ジムへ移籍し、昨年6月に東洋太平洋女子スーパーバンタム級王座を獲得した。しかし、世界初挑戦となった同11月のWBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチでは王者ベルムデス(アルゼンチン)に4回KO負け。今年になってから再起する意思を示し、今回が7カ月ぶりの再起戦となる。メインでは“ボクシング界のゆうこりん”ことWBC女子世界ミニフライ級王者・黒木優子(25=YuKOフィットネス)が、WBC女子世界アトム級10位ノル・グロ(フィリピン)相手に4度目の防衛戦を行う。

 高野は世界戦での敗戦が引退へのきっかけになったのか、という問いについては否定。この日の会見には海外出張中の協栄ジムの金平桂一郎会長が不在で、「昨夜に会長がいないと聞いて、(引退を)言おうと思った」とサプライズ表明であることを明かした。突然の引退宣言には、同席した所属事務所関係者も「何も聞いていません」と驚くばかり。高野は「気持ちは変わらないのか」と問われて「ハイ」と即答し、「ボクシングって痛いことに気がついた。気持ちの問題なのかな」と話してニコリと笑った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年5月18日のニュース