メイウェザー氏 UFC王者との対戦について言及「可能性はある」

[ 2016年5月9日 14:10 ]

フロイド・メイウェザー氏 (AP)

 昨年9月に無敗のまま現役を引退したプロボクシングの元5階級制覇王者、フロイド・メイウェザー氏(39=米国)が、総合格闘技のUFCフェザー級王者、コナー・マクレガー(27=アイルランド)について言及し、将来的に対戦もあることを示唆した。米国のスポーティングニューズが8日に報じた。

 両者が対戦するという話は、英国のメディアによって伝えられていたが、メイウェザー氏は「流れている噂は自分が出したもの。でも、噂ではないかもしれない。(実現するように)祈って欲しいね。ボクサーと総合格闘家の対戦は可能性があるよ」と述べ、“現役復帰”もあり得ることを明かした。

 また、メイウェザー氏はこの一戦で1億ドル(約107億円)以上の報酬を要求しており、メイウェザー氏に1億4400万ドル(約154億円)、マクレガーに1000万ドル(約10億7000万円)のファイトマネーが支払われると見る英国メディアもある。

 マクレガーは一連の報道を受け、同日に自身のツイッターを更新。「総合格闘技VSボクシング」と投稿し、自分とメイウェザーがにらみあう合成の画像を添付していた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年5月9日のニュース