×

フィリピン大統領 過激派のパッキャオ誘拐計画明かす

[ 2016年4月28日 09:35 ]

マニー・パッキャオ (AP)

 フィリピンのベニグノ・アキノ3世大統領(56)は27日、同国を拠点とするイスラム過激派アブサヤフが自身の暗殺と元プロボクサーのマニー・パッキャオ(37)の誘拐を企てていることを明らかにした。

 アブサヤフは拘束されている仲間の解放を望んでいるとみられ、大統領の妹であるクリスやその子ども、もしくはパッキャオの5人いる子どもの1人の誘拐もたくらんでいるという。

 史上2人目の6階級制覇王者パッキャオは9日に行われたブラッドリー戦に勝利し、この一戦を最後に現役引退を表明。フィリピンの下院議員でもある同国の英雄は5月に予定されている上院選に立候補している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年4月28日のニュース