内山が負けた…日本最強の男が3度ダウン 夢の米進出も難しく

[ 2016年4月28日 05:30 ]

2回、1度目のダウンから立ち上がった内山はコラレスのヒジを受け前のめりに倒れる。これが2度目にダウンとされる

WBA世界スーパーフェザー級王座統一戦12回戦 ●スーパー王者・内山高志 KO 2回2分59秒 暫定王者ジェスレル・コラレス○

(4月27日 大田区総合体育館)
 内山が負けた。WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(36=ワタナベ)は暫定王者ジェスレル・コラレス(24=パナマ)との王座統一戦で2回2分59秒KO負け。2回に3度のダウンを喫して12度目の防衛に失敗し、10年1月に奪取した王座を失った。連続防衛記録は日本歴代2位の11度でストップした。WBA世界ライトフライ級王者・田口は11回終了TKO勝ち、WBA世界スーパーフライ級王者・河野は3―0の判定勝ちで、それぞれ3度目の防衛に成功した。

 内山は試合後、すぐに控室で取材に応じた。「完全なKO負け。見た目以上に(パンチが)入りました」。3度ダウンしての完敗に表情も口調もサバサバしていた。36歳とあって進退に関する問いも出たが、「まだまだ防衛するつもりだったので何とも言えない」「今はよく分からない。負けたんで」 と話すにとどめた。

 悪夢の6分間だった。1回、大振りな相手の右フックをもらう不安な立ち上がり。「やり返したいという気持ちがあって前に出た」2回、カウンターの左をまともに受けて ダウンした。ふらつく足を必死で踏みしめ、反撃を試みて右フックを浴び、相手にもたれるように2度目のダウン。クリンチで逃げ切ろうとしたが最後は左ストレートで倒され、3ノックダウンのWBAルールでKO負け。この回の終了ゴングまで残り1秒だった。

 昨年大みそかのV11達成後、ストレスのたまる4カ月を過ごしてきた。当初は悲願の海外進出へ向け、無敗の元WBA世界フェザー級スーパー王者ウォータース(ジャマイカ)と交渉に入った。だが、交渉が難航した上にWBAからはスーパーフェザー級正規王者フォルトゥナ(ドミニカ共和国)との統一戦を指令され、その交渉も不調で最後は相手がコラレスに変わった。米国進出もお預けとなり、珍しく「正直言ってモチベーションが下がった」とこぼした。

 それでも、相手が決まれば頭を切り替えた。「こういう時こそキツい練習をやっておけば」とトレーニングの強度を上げ、調整もいつもどおりに行った。想定外だったのはディフェンスが持ち味で「インビシブレ(透明人間)」の異名を取るコラレスが、いきなり前に出てきたことか。「動きがつかみづらかった。もらったパンチは見えなかった」と明かした。

 この試合をクリアすれば、元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高が持つ防衛13回の日本記録に王手がかかっていた。最年長防衛記録や世界戦10KO勝利の日本記録を打ち立てた、日本ボクシング界のエースの陥落。無冠となり、米国進出が厳しくなった現状でも現役を続行するのか、それとも次のステージに進むのか。親しい関係者にはジム経営に興味を示すなど、将来についてもしっかり考えている内山の決断が注目される。

 ◆内山 高志(うちやま・たかし)1979年(昭54)11月10日、埼玉県春日部市生まれの36歳。埼玉・花咲徳栄高でボクシングを始め、拓大4年から全日本選手権ライト級3連覇。05年7月プロデビュー。07年9月に東洋太平洋スーパーフェザー級王座獲得(防衛5回)。10年1月にファン・カルロス・サルガド(メキシコ)に12回TKO勝ちし、WBA世界同級王座獲得。身長1メートル72・5、リーチ1メートル80の右ボクサーファイター。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年4月28日のニュース