大毅戦で減量失敗の前科…ソリス、余裕クリアにニヤリ

[ 2016年3月4日 05:30 ]

計量をパスし、並んでポーズを決めるソリス(左)と山中

ダブル世界戦 WBC世界バンタム級タイトルマッチ 王者・山中慎介VS同級3位リボリオ・ソリス

(3月4日 島津アリーナ京都)
 ソリスが200グラム余裕を持ってクリアすると、会場からは拍手が起こり、はかりの上の本人はニヤリと笑った。

 13年12月の亀田大毅との世界戦では減量失敗で失格となった前科があるが、当時より1階級上の今回は「全く問題なかった」ときっぱり。直後に開き直ってコーラを一気飲みして騒然とさせた前回とは打って変わり、今回はベネズエラから持ち込んだピンク色のオレンジジュースを静かに飲んだ。

 反省してコーラ断ちしたのかと思いきや「コーラはもう少ししてから飲むよ」と悪びれずに語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2016年3月4日のニュース