モデルボクサー高野、6月にも再起戦!入場曲は加藤ミリヤ!?

[ 2016年1月13日 21:45 ]

イベントで共演したモデルボクサー高野(左)と加藤ミリヤ

 昨年11月に世界初挑戦して4回KO負けしたモデルボクサーの高野人母美(28=協栄)が13日、再起へ向けてスパーリングを再開したことを明かした。

 「(世界戦での敗戦を)自分よりも周りが悔しがっていた。(引退して)大切な友人を悲しませたら悔いが残る」とこのほど再起を決意。スパーでは「2カ月ぶりのリングで、終わった後に“楽しかった”と言えた」という。

 関係者によると、6月頃に保持する東洋太平洋スーパーバンタム級王座の防衛戦で再起を予定。チャンスがあれば年内の世界再挑戦も考えているそうで、高野は「1年集中してやって、やられたものはやり返したい」と話した。

 この日は都内で、アンダーアーマーを国内で展開する(株)ドームの「キックオフパーティー」に真っ赤なドレス姿で出席。スポーツ選手たちとの出会いをきっかけに、体づくりのため約3年前からジムでトレーニングに励んでいるというシンガーソングライターの加藤ミリヤと舞台上で“共演”した。

 「一生懸命生きている姿に刺激を受けた」という加藤は「実際に試合を見てみたい」と希望。「入場曲、募集中です」と明かした高野に対し、加藤も「やってみたい」と答えていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年1月13日のニュース