長谷川穂積、ダウン2度奪われながらも3―0判定勝ち

[ 2015年12月11日 21:56 ]

10R、ルイスの猛攻を紙一重でかわす長谷川

 元世界2階級王者の長谷川穂積(34=真正)が11日、神戸市立中央体育館でノンタイトル10回戦に出場し、WBO世界スーパーフェザー級5位のカルロス・ルイス(22=メキシコ)判定3―0で勝利した。

 長谷川は3回に右カウンター、5回に再び右を浴びて2度目のダウンを喫したものの、終盤に左のパンチを効かせて僅差の試合をものにした。

 試合後「勝つには勝ったけど、思うような内容ではなかった」と振り返ったが、14年4月の3階級制覇失敗から再起2連勝。今後はフェザー、スーパーバンタム級で世界王座への返り咲きを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2015年12月11日のニュース