クリチコが11年ぶり黒星 39歳「必ず再戦する」

[ 2015年11月29日 10:31 ]

 ボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチは28日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、主要3団体の王者ウラジーミル・クリチコ(ウクライナ)が挑戦者のタイソン・フューリー(英国)に0―3で判定負けし、11年ぶりの黒星を喫した。

 39歳のクリチコは「私はスピードがなく、彼が速かった。いい距離感をつかめなかった。必ず再戦する」と話した。戦績は68戦64勝(53KO)4敗。27歳のフューリーは25戦全勝(18KO)とし「今夜が新たな時代の始まりだ。私はムハマド・アリ以来、最もカリスマ性のある王者になる」と宣言した。(共同)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2015年11月29日のニュース