王者 判定に悔し涙「どうして木村が勝つのか分からない」

[ 2015年11月29日 05:30 ]

判定負けにぼう然とするゲバラ(左)と喜ぶ木村

プロボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦 同級3位・木村悠 2―1判定王者ペドロ・ゲバラ

(11月28日 ゼビオアリーナ仙台)
 3度目の防衛に失敗したゲバラは「判定は間違っている。どうして木村が勝つのか分からない」と悔し涙に暮れた。

 昨年末に八重樫東(大橋)をKOしたボディーが不発。「どのラウンドもいい戦いができた。木村のパンチは腕やグローブに当たっていた」と主張したが、後半は攻撃の精度を欠いてカウンターを再三浴びた。「他国では勝つにはKOしかないのか」と吐き捨てた一方、弁護士資格を持つインテリボクサーは「いい選手でいい男だから、王者としていい人生を送って」と木村を称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2015年11月29日のニュース