手紙で後押し 木村夫人「前に出ることができました」

[ 2015年11月29日 05:30 ]

新チャンピオンになり涙を流す木村
Photo By スポニチ

プロボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦 同級3位・木村悠 2―1判定王者ペドロ・ゲバラ

(11月28日 ゼビオアリーナ仙台)
 勝者を告げるアナウンスが流れると、場内で観戦した木村の家族は大喜びした。

 14年2月の日本王座を獲得する前に結婚した久実子夫人も仙台に駆け付け、世界初挑戦のリングで男を見せた夫に拍手を送った。決戦の地に出発する26日には木村に「勝っても負けても悔いのないように」と書いた手紙を渡して背中を押した。歓喜に沸くリング上、木村は「声援が心強くて(中盤から)前に出ることができました」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2015年11月29日のニュース