残り10秒で勝利の両手上げ 王者クアドラス余裕「エトウ強いです」

[ 2015年11月29日 05:30 ]

クアドラスが3―0で判定勝ち

プロボクシングWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦 王者カルロス・クアドラス 3―0判定 同級2位・江藤光喜

(11月28日 ゼビオアリーナ仙台)
 クアドラスはスピードで江藤をさばききった。相手が空振りする隙を突いてフックやボディーを細かくヒット。江藤に一発食らっても左右へのステップで2発目をもらわず、最終回残り10秒からは両手を上げて走り回り、勝利を誇示した。5度目の防衛に成功したが、日本では通算6戦目で初めてKOを逃した。リング上では「コーキ、エトウ、強いです」と日本語で挑戦者を称え、「思っていたよりパワフルだった。何発かいいのをもらったのでKOできなかった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2015年11月29日のニュース