“絶対女王”ラウジー敗れる!ホルムが衝撃の番狂わせ演じる

[ 2015年11月15日 15:56 ]

チャンピオンベルトを手にするホリー・ホルム (AP)

 UFC193は15日、オーストラリア・メルボルンにあるエティハッド・スタジアムで開催され、メインイベントで行われた女子バンタム級タイトルマッチで、ホリー・ホルム(34=米国)が“絶対女王”のロンダ・ラウジー(28=米国)をKOで下す番狂わせを演じた。

 衝撃の瞬間は2ラウンドに起こった。ホルムの左ハイキックがラウジーの顔面を捉えると、“絶対女王”は仰向けに倒れ込み、ホルムはマウントポジション。あとは、右手の拳を数回振り下ろし、レフェリーが試合をストップさせるのを待つだけだった。

 2ラウンド59秒で世界を驚かせたホルムは「これまで取り組んできたことをすべてこの試合で出すことができた」と喜びを爆発させた。これで新王者の戦績は10勝無敗、一方のラウジーはこれがUFC初黒星で、12勝1敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2015年11月15日のニュース