元大関・把瑠都、プロ格闘家に転身 「RIZIN」参加へ

[ 2015年10月22日 18:09 ]

ファイティングポーズをつくる元大関・把瑠都のカイド・ホーベルソン

 大相撲のエストニア出身の元大関、把瑠都(30)=本名カイド・ホーベルソン=がプロ格闘家へ転身し、総合格闘技「RIZIN」に参加すると22日、RIZIN実行委員会が発表した。

 年末にさいたまスーパーアリーナでデビュー戦に臨む。東京都内で記者会見し「格闘技を愛している。世界一強い格闘家を目指したい」と抱負を述べた。

 大相撲では巨体と怪力で活躍し「エストニアの怪人」と呼ばれた。左膝のけがに苦しみ、2013年9月に引退。その後もトレーニングを続けており、体重は約25キロ絞ったそうで「調子はいい」と不敵に笑った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2015年10月22日のニュース