“辰吉2世”京口竜人容疑者逮捕 BBQ中に会社員殴る

[ 2015年10月9日 05:30 ]

逮捕された京口竜人容疑者

 プロボクサーの京口竜人(25=大阪帝拳)が8日、傷害の疑いで大阪府警貝塚署に逮捕された。容疑は8月16日、貝塚市の二色の浜公園で大阪市の20代の男性会社員に「目が合った」などと因縁を付け、顔を素手で殴ってケガをさせたというもの。貝塚署によると、容疑を認めているという。

 京口は11年にフェザー級で全日本新人王を獲得し“辰吉2世”と呼ばれた逸材。吉井寛会長は「深くおわびします。被害に遭われた方には誠に申し訳ありません。ボクサーのイメージを損ねてしまい残念」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2015年10月9日のニュース