王者山中、最強挑戦者に「一段と気合入る」WBC世界戦調印式

[ 2015年9月20日 17:44 ]

調印式後にファイ手イングポーズを決める山中(右)と挑戦者のモレノ

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(22日・大田区総合体育館)の調印式と記者会見が20日、東京都内で行われ、9度目の防衛を狙う王者の山中慎介(帝拳)は「ここ最近で一番いい挑戦者。一段と気合が入る」と意気込みを語った。

 世界ボクシング協会(WBA)王座を12度防衛した前スーパー王者のアンセルモ・モレノ(パナマ)は鉄壁の防御を誇る。山中は「そう簡単にパンチは当たらないが、当たれば倒せる」とKOへの意欲をのぞかせた。

 グローブチェックで用意された青ではなく、王者と同じ黒を使うことが認められたモレノは「私に幸運をもたらす色だから」と説明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2015年9月20日のニュース