井岡、初防衛戦へ公開練習 左太腿に痛み…スパーリングは中止

[ 2015年9月1日 19:08 ]

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)が1日、同級10位のロベルト・ドミンゴ・ソーサ(アルゼンチン)との初防衛戦(27日・エディオンアリーナ大阪)に向けた練習を大阪市内の所属ジムで公開した。

 4月に世界3階級制覇を成し遂げ「根拠のある自信に変わった。練習でもやってきたことが身についていると感じられている」と、やりがいに満ちた表情を浮かべた。

 前日朝に左太ももに痛みを感じ、この日は予定していたスパーリングはせず、シャドーボクシングなどで汗を流した。症状は軽く「早く治せば、よりいい練習ができる。最高の状態でリングに上がりたい」と発奮材料にした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2015年9月1日のニュース