興毅、河野との世界戦決定 10・16米シカゴで「結果出すだけ」

[ 2015年8月22日 18:39 ]

河野公平(左)と亀田興毅

 ボクシングの元世界3階級制覇王者の亀田興毅(28)が22日、自身のブログで10月にWBA世界スーパーフライ級王者の河野公平に挑戦することを明らかにした。

 ブログでは「決定!!!」というタイトルで「いよいよ待ちに待った、4階級制覇する舞台が整った。10月16日、アメリカ・シカゴ、対戦相手は、WBAスーパーフライ級チャンピオン、河野選手」と対戦が決まったことを報告。

 同級2位の興毅は、河野陣営と夏の対戦で大筋合意していたが、王者が肋骨を負傷したため延期されていた。「再三の延期で、苦しい時もあった。でもよくここまで高いモチベーションを保つことが出来た。とりあえず決まってホッとしてる。後は結果を出すだけ」と思いをつづっている。

 2年前の世界戦混乱問題の影響で国内で試合ができない状況が続いている興毅は、昨年11月1日のノンタイトル戦以来。「勝負の世界に絶対はない。だから100%勝つとは言わんけど、99.99999999999999%勝つ」と約1年ぶりの試合に自信満々だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2015年8月22日のニュース