レスラーが鮮度アピール「海鮮プロレス」海の幸モチーフに

[ 2015年8月1日 11:30 ]

 大阪プロレス元社長の覆面レスラー、スペル・デルフィン(本名・脇田洋人)大阪府和泉市議らが、堺中央綜合卸売市場(堺市北区)に本拠地を置くプロレス団体「海鮮プロレス」を設立、1日に旗揚げ試合を行った。

 市場を盛り上げるのが狙いで、マグロやフグなど海の幸をモチーフにしたレスラーたちが鮮度をアピール。

 所属選手はデルフィン市議のほか、「シュリンプローリングソバット」が得意技の「エビルマン」や「イカリングカッター」を繰り出す「デストロイカー」ら7人で、海の日の7月20日に結成した。

 試合は市場が夏祭りを開催する1、2両日、午前11時と午後2時の2回ずつあり、いずれも観戦無料。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2015年8月1日のニュース