リードが一転…大橋会長がJBC採点ミスに不満「大失態」

[ 2014年12月31日 05:30 ]

<ペドロ・ゲバラ・八重樫東>ゲバラのボディ1発でリングに沈んだ八重樫

WBC世界ライトフライ級王座決定戦12回戦 同級1位 ペドロ・ゲバラ 7回2分45秒KO 同級3位 八重樫東

(12月30日 東京体育館)
 大橋会長が日本ボクシングコミッション(JBC)のミスに不満を漏らした。

 八重樫戦の4回終了時の公開採点で、1人が38対38、2人が39対37で八重樫を支持と発表されたが、5回終了後にゲバラのリードだったと修正。八重樫はその後、ポイントを取り戻そうと積極的に前に出たことが裏目となって敗れただけに「あれで調子が狂った。前に出て、カウンターを食らった。(JBCの)大失態」と収まらなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2014年12月31日のニュース