井上が王座返上、2階級上げ11度防衛中ナルバエスに12・30挑戦

[ 2014年11月6日 14:55 ]

ファイティングポーズをとるライトフライ級を返上しスーパーフライ級に挑戦する兄・井上尚弥(左)と同日に試合を行う弟・拓真

 ボクシングの大橋ジムは6日、WBC世界ライトフライ級王者の井上尚弥(21)が同王座を返上し、2階級上のWBO世界スーパーフライ級王者のオマール・ナルバエス(39=アルゼンチン)に挑戦すると発表した。12月30日に東京体育館で行われる。

 ナルバエスはWBO世界フライ級王座を16度防衛、現在保持する同スーパーフライ級王座を11度防衛中。ライトフライ級で減量に苦しんだ井上は「スーパーフライ級が一番力を発揮できる。勝って2階級制覇したい」と意気込んだ。

 また、井上の弟・拓真(19)はオマールの弟で世界挑戦の経験もあるネストール・ナルバエスと8回戦を行う。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2014年11月6日のニュース