興毅海外進出も 国内の試合出場断念、フィリピンで練習再開

[ 2014年8月31日 05:30 ]

囲み会見中、悔しそうに口を真一文字に閉じる亀田興毅

 プロボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(27)が30日、国内での試合出場を断念し、今後は海外で戦う可能性を示唆した。UNITEDジムへの移籍を日本ボクシングコミッション(JBC)から事実上却下された興毅は同日、成田空港からフィリピン・セブ島へ出発。約1カ月間、同地で練習しながら今後の方向性を探る。

 ジム移籍が事実上却下されてから5日。空港で取材に応じた興毅は経緯を自ら説明した上で「目の前が真っ暗。今は先がまったく見えない状況です」と神妙な面持ちで語った。これまで国内での試合出場にこだわってきたが「海外というのも選択肢の一つにしないといけない」と初めて海外進出の可能性に言及した。

 ボクサー人生の窮地に立たされている。昨年12月の世界戦で混乱を招いたとして亀田ジム会長らが資格剥奪処分を受け、国内で試合ができなくなった。新会長を迎えて再出発しようとしたが却下され、UNITEDジムへの移籍も認められなかった。新たに移籍先を探し、再度JBCに申請する道もあるが、既に複数の大手ジムから受け入れを断られたこともあり「(移籍については)何も考えていない」という。現役続行には海外で戦う道を考えざるを得ない。

 興毅と同じく日本で試合ができないWBOバンタム級王者の三男・和毅は7月に米ラスベガスで防衛戦を行い、鮮やかなKO勝利を飾っている。その和毅が現在練習しているフィリピンに渡り、約1カ月間一緒に練習する予定だ。「日本で練習していてもスパーリング相手もいない。フィリピンで練習に集中して自分自身を見直す。これからの方向性をしっかり考えたい」。若くしてメキシコに渡りスペイン語を話せる和毅と違い、興毅にとって海外はリスクが多い。だが、このままでは日本で試合ができない状況は変わらない。残された競技人生は決して長くはない。結論は早い方がいい。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2014年8月31日のニュース