柴田 地元で2度目防衛、琴奨菊も大喜び「負けられなかった」

[ 2014年8月3日 05:30 ]

2度目の防衛に成功し、大関琴奨菊(左)に祝福される柴田直子

IBF世界女子ライトフライ級タイトルマッチ10回戦 ○柴田直子 9回TKO アナ・アラゾーラ(メキシコ)●

(8月2日 東京・足立区総合スポーツセンター)
 地元足立区で2度目の防衛に成功した柴田は「地元で負けられなかった。落ち着いて、喜びを味わいながら戦えました」と笑った。

 苦手のサウスポーが相手も、左構えの小関とスパーリングを繰り返してきた成果を発揮。左ボディーで足を止めさせ、最後は連打で仕留めた。観戦に訪れた親交がある大関・琴奨菊は「凄く感動しました。秋場所は初優勝目指して一生懸命頑張ります」と刺激を受けた様子だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2014年8月3日のニュース